■お役立ち情報

【国際郵便・EMS】郵便局のウェブサービス「国際郵便マイページ」を利用する際に知っていると便利な情報と注意点をまとめました!

スポンサーリンク

2021年から国際小包の配送に対して「通関電子データの送信が義務化」されました。

ざっくり言うと、配送内容の情報をデータ化して事前に相手国へ送るという取り決めです。

手書きした送り状や書類ではこれに対応できません。

と言っても、手書きの送り状や書類を禁止するということではなく、手書きの場合(電子データがない)は「相手国でチェックに時間がかかり配送遅延、時には返送される対象となるリスクが高くなりますよ」というルールです。

しかーし!アメリカに至っては、手書きの宛名は完全NG。郵便局でも荷物の受付は拒否られます。
(手書きの送り状NGの国は増えています)2022年6月からヨーロッパも手書きNGになりました!

そこで、スマホやパソコンで配送データを作成する「国際郵便マイページサービス」が必要になります。

私が実際に利用して「これは最初に知ってたら良かったな」と思う情報をまとめました。

スポンサーリンク

国際郵便マイページサービスとは?

スマホやパソコンから、国際郵便に必要な「送り状」「通関書類」などを作成できるサービスです。

国際ルールとなっている、通関電子データも自動で作られ、勝手に相手国へ送信してくれます。

なんつっても送付先や荷物の内訳(個人・商用)などを入れると、相手国に合わせて必要な書類を自動で作ってくれる!べんりー!

「インドネシアはどの書類が何枚いるんだっけ?」とか悩まなくていい。

必要書類は国によって違うため事前に調べるのですが、配送方法(船便・EMSなど)で違ったりややこしいんですよ。

そういった問題をクリアできるありがたい仕組みです。

しかし!残念ながら事前調査が不要になるワケでない…。

禁制品と必要書類や、そもそも荷物を送れるのかなどについては調べなければいけません。

そのあたりの情報や書類の書き方はこちらの記事にまとめましたのでご覧ください。

荷物の追跡も簡単・配送状況の通知メールも届く

◆追跡情報の確認
国際郵便マイページサービスを使って発送した荷物は、ログインするだけで簡単に追跡情報を見られます。

◆配送状況をメールでお知らせ
配送データ作成時に「配送ステータス通知設定」の項目にメールアドレスを入力!

自分だけでなく届け先の相手にも配送状況のお知らせがメールで届きます。

メールは【引受・日本から出国・相手国到着・通関保留・通関検査中・相手国の配達局到着・配達完了】の7段階。
通知メールの数は減らすこともできます。

スポンサーリンク

国際郵便マイページサービスを使う際に知っておくと便利な情報と注意点

国際郵便マイページサービスは会員登録をしてから使います。

「初めての方」の下にある【個人のお客様】を選んで必要情報を入力します。
▶国際郵便マイページサービス

スマホ版(スマートフォンページ)を利用する場合は、会員登録をしなくても利用できます。

スマートフォンページとパソコンページの機能の違い

■スマートフォンページ

  • 会員登録せずに使える→会員登録すると住所などを毎回入力する必要がなくなる
  • ゆうプリタッチを使える→郵便局のプリンターにQRコードをかざすだけで必要書類がシール印刷される。
  • 内容品は3種類まで→4種類以上はパソコンページを使用
  • 集荷は不可

■パソコンページ

  • 会員登録が必要
  • プリンターで印刷する→プリンターがない場合は郵便局で再印刷を依頼できる
  • 内容品は60種類までOK
  • 集荷に来てもらえる
  • 印刷した書類を入れる専用パウチが必要→無料で取り寄せできる(次項目を参照)

専用のパウチを取り寄せる必要がある ※「郵便局でもらう」に変わりました

内容品が4種類以上、または集荷を依頼したい場合はパソコンページを利用することになり、専用パウチが必要になります。

専用パウチは、以前は国際郵便マイページサービスから取り寄せでしたが、2022年4月頃から「郵便局に依頼する」に変更になりました。

窓口発送なら発送の時にもらう。

集荷なら集荷依頼をした時に、持ってきてもらうようにお願いする。
(お願いし忘れたら、貼ってもらうようお願いする、でも大丈夫)

料金は無料。

私は無くなったら郵便局に行ったときに、5枚ほどもらって帰ります。

インボイス印刷枚数は【規定枚数を印刷する】を選ぶ

画像の青枠部分です。

これを選ばないと、必要に応じた書類を印刷してくれません(税関申告書CN22は除く)。
お忘れなく
スマートフォンページでも同様です。

国際郵便マイページサービス利用時の注意点

ちなみに重さなどは空欄でもデータは作れます。

発送時に局員さんが測ってくるので、印刷した送り状に、重さと金額を手書きで記入します。

私は事前に重さを測ってから国際郵便マイページサービスの入力を始めます。
ほんの少しの重さの違いで送料がどーんと上がったりするので、重さを見て中身を調整したいからです。

スマホしか手元にないけど、内容品が4種類以上ある場合

スマホで「パソコンページ」を利用します。

スマホの国際郵便マイページサービスのメニューにある【国際郵便マイページPC版】を選ぶと、パソコンページに画面が切り替わります。

印刷は郵便局でお願いできます(次項目参照)。

プリンターが自宅にない

パソコンページでデータを作ったけど、家にプリンターがない…

そんなときは、郵便局で【問い合わせ番号】を伝え【再印刷】を依頼します。

お問い合わせ番号は、国際郵便マイページサービスで送付データを作ると最後に出てくる【印刷ページ】に表示されます。

印刷をせずに「印刷終了」を押して印刷ページを閉じてしまった後でも、トップページの【発送履歴を見る」というところで確認できます。

↑これを利用すれば、友人に国際郵便をお願いしやすいかも!

海外に滞在しているときに「日本から送って欲しいけど、国際郵便の発送は手間がかかるから頼みにくい」とか、「親に頼みたいけどウェブサービスとか無理だろうな」とか、思いませんか?

私は思ってました。

でも、郵便局で再印刷(プリントアウト)をお願いできるなら!
自分で「国際郵便マイページサービス」を使って発送情報を作成し、相手に【お問い合わせ番号】を知らせて、郵便局で再印刷をしてもらえば良い👍

税関申告書CN22については手書きをお願いしなければいけませんが、郵便局で印刷した他の税関申告書やインボイスを見て書いてもらえば良いわけです。

上手に利用してはいかがでしょうか?

6か月ログインがないと会員情報が削除される

国際郵便マイページサービスに6か月以上ログインがないと、登録情報がすべて削除されます。

利用ではなくログインなので、発送しなくてもたまにログインしていれば大丈夫。

滅多に送らないなら、削除されても困ることはないとは思います。

手書きで送り状や書類を準備する場合

どうしても手書きをする必要がある場合、必要な書類は全て、郵便局窓口でもらえます。

送り状以外は郵便局サイトでダウンロードもできます。
▶郵便局ダウンロードページ ※税関申告書CN23・インボイス


以上、国際郵便マイページサービス利用時の注意点でした!

国際郵便マイページサービスの使い方については、表示に沿って入力をしていくだけなので記事にする予定はありません。

詳しく説明しているサイトもあると思うので、必要な方はそちらをご覧ください👍

今回の内容はお役に立ちましたか?
「役に立ったよー!」と思いましたらぜひ、応援していただけると嬉しいです✨

-- 応援の方法 --
下のリンクから、メールアドレス【thanks@ala-ifty.com】へAmazonギフト券を送ってください。
▶ala-fiftyブログを応援する!
🌱金額は15円から、お好きな額を設定していただけます。
🌱贈り主の名前はニックネームなどでOKです。

タイトルとURLをコピーしました