■お役立ち情報

【海外在住】日本から荷物を送って欲しいけど「人に頼みにくい!」時に使えるかもしれない便利な方法をご紹介<国際郵便マイページサービス>

スポンサーリンク

最近は海外暮らしでも少しお金を出せば日本の物も手に入る!いい時代になりましたー。

とは言っても、「アレ。日本から送ってもらえたらなー」なんて事はちょこちょこあるワケです。

しかし、国際郵便を出すのには書類の準備が必要だったり、手間がかかったりして、人にお願いしにくいワケです。

国によって手間の度合いは多少違いますが、今どき税関申告書はほぼ必須に近い状態だし、アメリカだったりすると手書きの書類は受け付けてもらえなくなっていたりと、まぁ一筋縄ではいかない。

ならば、自分がデータを準備してしまえばお願いしやすくなるんじゃなーい?
という方法です。

スポンサーリンク

自分【海外在住者】がすること

相手の手間を減らす分、自分が頑張ります。

と言っても、2~5までは何か日本から何かを送ろうと思ったら必須の調査作業。
あとは、発送用のデータをオンラインで作成するだけです。

  1. 配送をお願いする人にお金を払う方法を決める(送料や欲しいものの代金)。
  2. 日本から在住国へ郵便物が送れるかの確認。
  3. 禁制品の確認(世界共通のものと在住国の両方を調べる)。
  4. 税関申告書CN22が必要かの確認。
  5. 送って欲しい商品(禁制品以外)のリストを作り、配送する人(相手)に配送品の準備をお願いする。
    ※通販で買えるものは、自分が通販で買って相手の家に送ると簡単。
  6. 国際郵便マイページサービスから【専用パウチ】を相手の家に送る。
  7. 国際郵便マイページサービスで配送データを作成する。
  8. 【お問い合わせ番号】を相手に知らせる。
  9. 【税関申告書CN22】が必要な場合は、7で入力した内容品のリストを送る。
    ※それを元に記入してもらう。

2~4については、こちらの記事を参照。

6~9については、こちらの記事を参照。

スポンサーリンク

相手【配送する人】がすること

  • 荷物を準備して梱包する。
  • 専用パウチと荷物を持って、郵便局の窓口へ行く。
  • 【お問い合わせ番号】を伝え、再印刷を依頼する。
  • 【税関申告書CN22】が必要な場合は、郵便局の窓口でもらって、内容品のリストの内容を書き写す。
  • 発送。

▶税関申告書CN22の書き方はこちら


いかがでしょうか?

パソコンが苦手な家族や、年齢高めの親にお願いするときなんかにも便利です。
日本製品に飢えたら試してみてくださいね。

今回の内容はお役に立ちましたか?
「役に立ったよー!」と思いましたらぜひ、応援していただけると嬉しいです✨

-- 応援の方法 --
下のリンクから、メールアドレス【thanks@ala-ifty.com】へAmazonギフト券を送ってください。
▶ala-fiftyブログを応援する!
🌱金額は15円から、お好きな額を設定していただけます。
🌱贈り主の名前はニックネームなどでOKです。

タイトルとURLをコピーしました