■レシピ【超簡単・ズボラ】

米のとぎ汁で作る【水キムチ】レシピ/漬け汁は植物性乳酸菌たっぷり!韓国冷麺スープにも必須です<菌活・腸活>

スポンサーリンク

水キムチって食べたことあります?
超簡単に言うと「さっぱりとした酸味のある浅漬け」。

よくある赤いキムチは食べられない子供が多いけど、水キムチは全く辛くなく、酸っぱいものやお漬物に抵抗のない子供なら食べられる味。

ピクルス代わりにもオススメ。

漬け汁はさっぱりしてグビグビ飲める上に、韓国冷麺のスープの素になります。

米のとぎ汁と塩と砂糖だけでできる植物性乳酸菌の宝庫【水キムチ】

しーかーもー!植物性乳酸菌がぬか漬けの十数倍と言われていて、この漬け汁を飲むと、次の日「おぉ~」と思わず声をあげるくらいお通じがよろしかったりしますw

私はぬか漬けが苦手なので「水キムチ」は、いわゆる菌活・腸活にもありがたい一品です。

スポンサーリンク

水キムチの材料

■水キムチの漬け汁材料

  • 米のとぎ水 500cc前後(2回目か3回目のとぎ汁)
  • 天然塩 小さじ1
  • 砂糖(はちみつ) 小さじ1

■お好みで追加

  • 梨 半個(リンゴやスイカでもOK。梨半個分くらいの量)
  • 生姜スライス 半かけ
  • にんにくスライス 半かけ
  • 粉唐辛子 小さじ1/2

※私は冷凍したみじん切りの生姜やにんにくを小さじ1/2くらい入れることが多い。

※鷹の爪や粉唐辛子を入れるとピリ辛の水キムチに。これもウマい。

■漬ける野菜は生で食べられるものなら何でもOK。
大根・ナス・キュウリ・人参・セロリ・パプリカ・ズッキーニ・白菜・チンゲン菜・小松菜・茗荷などなど。
料理をしたときの余り野菜でも十分。

スポンサーリンク

水キムチの作り方

野菜は生でそのまま使いますが、夏場や長持ちさせたい時は少量の塩で塩もみして、軽く絞ってから入れるとカビなどが発生しにくくなります。

1.お米を研ぐときに出る、とぎ汁を鍋に入れる。
とぎ汁は、最初の真っ白なものではなく2回目か3回目のものを使う。(2回目と3回目を混ぜても良い)

2.とぎ汁に天然塩と砂糖(はちみつ)を入れて、軽く沸騰したらすぐに火を止める。
※生姜やにんにくを使う場合もこのタイミングで入れる。

3.そのまま冷めるまで放置。

3.とぎ汁が冷めたら保存容器に移し、切った野菜を入れる。(鍋の中に野菜を入れてもOK)
野菜は食べやすい大きさに切る。薄切りや短冊切りがオススメ。
※大根は皮をむく。他の野菜は皮をむかなくてOK。

家にある野菜と米のとぎ汁でできる水キムチ
今回は果物も全部いちょう切りw

4.そのまま常温で1日放置。夏は半日くらいでプクプクと表面に泡が出てくる。
※白い膜が張っていたら→産膜酵母なので害はなし。そのまま混ぜ込んでOK。

米のとぎ汁と塩と砂糖だけでできる植物性乳酸菌の宝庫【水キムチ】

5.清潔なスプーンなどですくって味を確認。少し酸味が出ていたらOK。
※味が物足りないようなら、塩を足して味を調える。
※酸味がたりないようなら、好みの酸味になるまで常温放置。

6.冷蔵庫で保管する。日が経つにつれ酸味が増していきます。
※1週間~10日くらいで食べきるのがオススメ。

冷麺スープの作り方(素麺にかけても美味しい)

水キムチの漬け汁と鶏スープを1:1(同量ずつ)混ぜて、塩で味を整えたらできあがり♪

お酢をちょびっとだけ入れるのもオススメ。
醤油やめんつゆをチョイ足ししてもイイ。

今回は、水キムチの漬け汁200cc、鶏スープ(鶏の茹で汁)200cc、お酢小さじ1/2で作ったスープを素麺にかけました。

ごま油もプラス♥

水キムチの漬け汁をスープに使う、韓国冷麺風そうめん
タイトルとURLをコピーしました