■レシピ【超簡単・ズボラ】

【Panasonic電気圧力鍋で浸水無し18分】甘さ控えめ黒豆レシピ/齢49にして初めての黒豆作り

もう年末。
体感としては今年は6か月くらいで終了した感じです_(:3 」∠)_

私は御節料理はあんまり好きではないのですが、黒豆は子供の頃から大好き。

黒豆、美味しいですよね!
祖母や母がツヤツヤに甘~く煮込んだ黒豆…

その手間も考えず、いつもむさぼり食っておりました。
だって美味しいんだもの。

一度作ってみたいと思いながら、鍋を5時間火にかけて鍋ごと溶かしてしまったり、モヤシに軽く火を通すつもりが炭にしてしまったり、という実績のある私なので、祖母や母ですらうっかり焦がしそうになっていた黒豆作りなんぞ恐れ多い!

と思っていましたが、
よーく考えたら私には電気圧力鍋という武器が

一歩間違えば火事🔥という底辺の調理スキルを持つが故に、火を使わない圧力鍋を選択した私、カシコイ!

結果、人生初にして超美しい黒豆が【黒豆の浸水時間なし】電気圧力鍋【高圧18分】の設定でできました。

スポンサーリンク

甘さ控えめ黒豆レシピ

今回は、こちらのmacaroniのレシピを基に、初めてなので失敗してもショックの軽い1/5の量、50gで作りました。

少量を気軽に作れるのも圧力鍋ならではかも。

  • 黒豆(乾燥)50g
  • 砂糖 20g
  • 水 180cc
  • しょうゆ 茶さじ1強
  • 塩 ひとつまみ
  • 鉄(錆びた釘など)※無くてもOK

出来上がりの量は、450mlの保存容器の2/3くらい。

私はこのレシピの甘さがちょうど良かったです!

2022年追記:
これを機に正月以外にも作るようになり、砂糖を5~10g減らしてみました。それもイケます!
甘さ控えめでも、黒豆らしい甘みを感じたい場合はレシピ通りがオススメ。

逆に子供向けにはもう少し甘みを足して作ります。
50gの黒豆に対して、砂糖を25gから30g。
250gに対して120g~130gにすることが多いです。

スポンサーリンク

パナソニックの電気圧力鍋で黒豆を作る

1.乾燥黒豆をサッと水で洗う。
※優しく軽く洗わないと皮が破れる原因になるらしい。

2.洗った黒豆と他の材料を全部、電気圧力鍋に入れる。
※鉄も入れる。黒豆の色を真っ黒にするためなので、色にこだわらなければ入れなくてもOK。

真っ黒な黒豆を作るのに欠かせない鉄材
我が家は母愛用の鉄でできたお魚を入れます。かわいい。
黒豆づくりの強い味方!釘の代わりに使える鉄でできたおさかな【鉄の健康鯛 880円前後】こんな名前があったとは…。鉄分不足にも良いそうです。黒豆はめっちゃキレイなツヤ黒に仕上がります。
Amazon 楽天市場

3.高圧で18分調理。

4.調理が終わったらそのまま(自動的に保温になる)1時間放置。

5.できあがり。初めてとは思えない出来ばえ✨
※黒豆は煮汁から出たところが皮にシワができやすいらしいので、煮汁にしっかり漬かった状態で保存すること!

浸水無し【パナソニックの電気圧力鍋】で甘さ控えめの黒豆レシピ

圧力鍋に付属のレシピでは、浸水して高圧で15分とありましたが、めんどくさいので(ズボラ)失敗してもいいや!とそのまま浸水無しで調理しました。

参考になるものがなかったので、18分。
結果としては、程よい硬さのある、超美味しい黒豆ができました!

コチラもオススメ

浸水無しがちょうどいい

パナソニックの電気圧力鍋のオススメするレシピでは、浸水するように書いてある…

なので、浸水したらどうなるのだろう?

と、後日、浸水バージョンもやってみました。

  • 水に漬ける→皮が破れる(常識らしい…知らなかった)
  • 調味料と一緒に10分ほど煮てから一晩放置→高圧15分では柔らかくなり過ぎた&なんか水っぽい!

と言うことで、皮が破れるリスクも減るし、好みの硬さに仕上がるし、浸水無しのいきなり調理が私にはベストでした。

電気圧力鍋、買っといて良かった!


ここに貼ろうとパナソニックの電気圧力鍋を探してみたら
めっちゃデザイン変わってる!( ゚Д゚)

ズボラもウッカリも料理下手も安心なパナソニックの電気圧力鍋【パナソニック】電気圧力鍋 20000円前後
火加減無用。ズボラでも、ウッカリでも、料理オンチでも!安全に使える圧力鍋。煮込みや保温調理、流行りの低温調理もできる。安心のパナソニック製👍
Amazon 楽天市場

新しいのは低温調理や無水調理、自動調理なんていう事もできるらしい。

昔は電気圧力鍋ってほぼパナソニックしか無かったんだけど、最近はものすごいたくさんのメーカーのものがあって、選ぶの楽しそう。

不器用さんや調理時に記憶喪失になりやすい人は、電気圧力鍋、超絶おススメです。

タイトルとURLをコピーしました