■レシピ【超簡単・ズボラ】

鍋ひとつで作る【鶏肉とチンゲン菜のコチュジャンパスタ】簡単時短レシピ/甘辛ワンパンパスタ

スポンサーリンク

作る時間も洗い物も減らしたい!!

ということで、材料とパスタを同じ鍋で茹でて、絡めるソースは食べるお皿で直接作ります。

20年ほど前に「anan」で見たレシピが元になってます。味付けはほとんど記憶がなく自己流になってしまいました。

必要な時間は【材料をカットする時間+パスタを茹でる時間】です。

パスタを水につけておいた場合、さらに時間が短縮されます。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】
パスタを事前に2時間以上水に漬けておくと、茹で時間1分でもちもち食感に。

では行ってみよっ!

スポンサーリンク

簡単ワンパンパスタの材料(1人分)

  • 鶏むね肉 80~100g前後(もも肉でも問題なし)
  • 青菜 1把くらい(チンゲン菜や小松菜、またはホウレン草でも)
  • パスタ 100g
  • 塩 小さじ1強

鶏肉の代わりに豚肉でもOK。豚スライスの場合は火の通りが早いので、お湯に入れる順番を調整する。

<パスタソース>

  • コチュジャン 大さじ1/2(日本製のものは大さじ1)
  • はちみつ 大さじ1(砂糖の場合は半量)
  • ごま油 大さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • ごま 適当
お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】

通常の作り方(パスタを普通に茹でる)

今回は茹で時間11分のグルテンフリーの玄米パスタを仕様。

1.お湯に塩を入れて沸かす。その間に材料を切る。
鶏肉は1センチくらいの角切り(薄切りでも良い)。
チンゲン菜は削ぐように切る(ざく切りでもOK)。小松菜なら3センチくらいに。
茎と葉っぱの部分を分けておく。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】
(左)茎と葉をわけておく(右)上がぶつ切り、下が削ぐように切ったもの。

2.盛り付ける皿に直接パスタソースの調味料を入れ混ぜておく。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】

3.お湯が沸騰したらパスタを入れる(袋の茹で時間通りに茹でる)。

4.パスタの茹で時間が残り5分くらいのタイミングで鶏肉をパスタの鍋に入れる。
※めんどうならパスタを入れてすぐに肉を入れても良い(ちょっと肉が固くなるよ)。

スポンサーリンク

5.少し時間を空けてチンゲン菜の茎部分を鍋に投入。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】

6.残り1分くらいのタイミングで葉の部分を鍋に投入。

7.パスタが茹であがったら、鍋の中身を全てザルに移して湯切りする。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】

8.パスタと具材をパスタソースを作った皿に移して、和えたらできあがり。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】
チンゲン菜の茎部分、ちょっと茹ですぎた。短めに茹でてシャキシャキがGOOD。
スポンサーリンク

パスタを水につけておいた場合(茹で時間1分)

パスタを水に2時間以上漬けると、1分で茹であがる上にモチモチの食感になります。
前の晩とかに漬けて冷蔵庫に入れておくと便利。

お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】
これは1晩漬けたもの。玄米パスタなので色が濃いけど、普通のパスタは真っ白になる。

調理の順番が上のレシピとは違います。
茹で時間が1分なのでパスタは最後。手際よく行こう!

  1. お皿にパスタソースの調味料を入れ混ぜておく。
  2. お肉と青菜を切る。
  3. お湯が沸いたら肉を入れる。
  4. 青菜の茎部分を入れる。
  5. お肉に火が通ったら、パスタと青菜の葉の部分を入れ、1分経ったらすぐにザルにあげて湯切りする。
  6. お皿に移してパスタソースと和える。
お鍋ひとつでできる時短ワンパンパスタ【鶏肉と青菜、コチュジャンのピリ辛パスタ】
パスタを水に漬けておくとこんな感じで柔らかくなる。玄米パスタは水に漬けると毛羽立った(笑)普通のパスタの場合はツルっとしている。

パスタの茹で時間だけでほぼできてしまう簡単パスタ。

ぜひ作ってみてください😊

タイトルとURLをコピーしました