■お役立ち情報

【国際郵便・EMS】日本から海外に荷物を送るために事前に必要な情報と調べ方、必要書類の作り方をまとめました!

スポンサーリンク

海外の友人に国際郵便(小包)を送ることが多いのですが、その際に「これは前もって知っておくべき!」と私が感じた情報をまとめました。

海外へ荷物を送るには、国によって必要な書類や送ってはいけないものが違っているため、事前調査が欠かせません!
配送の手続き自体もデータ化が必要で、スマホやパソコンで行う必要があったりします。

調べる内容についてとその調べ方、書類の作り方をひとつずつ説明していきます!
※郵便局の窓口でも丁寧に教えてくれますよ😊

スポンサーリンク

相手国に日本から郵便物を送れるのかどうかを確認する

コロナ渦に突入した2020年4月、一時的に日本からの国際郵便が全てストップしました。

よもや郵便が送れない事態が起こるなんて想像もつかないですよね。びっくりしました。

今はほぼ通常運用ですが、コロナの状況や国の情勢によって、けっこうチョコチョコと条件が変わるんです。
EMSはOKでもSAL便はダメ、とか…💧

そんな「送れるの?送れないの?」を一覧でチェックできるのがこちらのページ。
▶国際郵便物の差出可否早見表

そして国際郵便を送るなら、まずこのページにアクセスしましょう。
▶郵便局:国・地域別情報(国際郵便条件表)

国際便の発送に関する変更点について最新の情報が出ています。
後述する「国際郵便を送るのに必要な禁制品の情報や書類の情報」も調べることができます。

スマホやパソコンで配送データを作成【手書きの送り状が使えない国もある】

2021年から国際小包の配送に対して「通関電子データの送信が義務化」されました。

ざっくり言うと、配送内容の情報をデータ化して事前に相手国へ送るという取り決めです。
ようするに手書きでは基本NG。

手書きの場合、相手国でチェックに時間がかかり配送遅延、時には返送される対象となるリスクが高くなります。

アメリカに至っては「手書きの宛名は完全NG」。
郵便局でも受け付けてもらえません。

そこで「国際郵便マイページ」を利用します。

もし手書きで書類を準備したい場合は、全て郵便局窓口でもらえます。
送り状以外は郵便局サイトでダウンロードもできます。
▶郵便局ダウンロードページ ※税関申告書CN23・インボイス

スポンサーリンク

国際郵便マイページサービスとは?

スマホやパソコンから、国際郵便に必要な「送り状」「通関書類」などを作成できるサービスです。

先ほどの「通関電子データ送信の義務化」にも対応していて、国際郵便マイページサービスで配送の準備するだけでOK。
後は自動でやってくれます。

このサービスの便利なところは、送付先や荷物の内訳(個人・商用)などを入れると、相手国に合わせて必要な書類を自動で作ってくれるところです。

「インドネシアはどの書類が何枚いるんだっけ?」とか悩まなくていい
これは画期的です。

この必要書類は国によって違います。
アジア圏などは変更も多く、けっこうわかりにくいんですよ!

そういった問題をほぼ一撃で解決してくれます。

しかし!残念ながら事前調査が不要になるワケでない…。
禁制品と書類については必ず調べる必要があります。

事前に調べなければいけないこと【禁制品】

禁制品!送ってはいけないものについてです
世界共通の禁制品と、国ごとの禁制品の2つについて知る必要があります。

これは郵便局のサイトを見るのが一番。

郵便局窓口で聞いても丁寧に教えてもらえます。
禁制品情報のページを印刷して渡してくれたりします。

▶世界共通の禁制品についてはこちら

▶国別の禁制品についてはこちら
国ごとの禁制品は本当に様々で、私がよく荷物を送るインドネシアは「お守り」が禁制品だったりします。

国際郵便の禁制品の調べ方(国際郵便で送ってはいけないもの)

ページ左側の青丸部分から、お目当ての国を検索。

国際郵便の禁制品の調べ方(国際郵便で送ってはいけないもの)

赤丸部分で国ごとの配送可不可の情報も確認できる!
何も表示されていなければ、問題ナッシング。

青い四角で囲んだ部分のタイトルを押すと、その下に表示される情報が変わります。
国ごとに必要な書類や現在の運行状況もここで確認できます。

禁制品については、青丸部分の「禁制品」のタブをクリック。

毎回思うけど、情報量が多いのにページがスマホ対応してないのが残念。
読みにくいっス。

事前に調べなければいけないこと【税関申告書CN22が必要かどうか】

国際郵便マイページサービスが対応できない書類があります。

それは【税関申告書CN22】。

本来、手書きの国際郵便宛名ラベルに複写でセットされているという話なのですが、手書きしないから【無い】訳です。

コレが必要かどうかは、船便かEMSか、個人か商用の荷物か、内容物の金額がいくらか、などによって変わります。

禁制品と同じページから調べます。
▶必要書類や配送条件を調べる

  1. 相手国のページを開きます(ひとつ前の項目「禁制品の調べ方」を参照)。
  2. 送達条件のタブをクリック。
    その下にある郵便種別「通常郵便物」「小包郵便物」「EMS」の中から送る予定の配送方法をクリック。(青丸の部分)
国際郵便【税関申告書CN22】について調べる

送付条件のリストが表示されるので、その中の「3.必要な記載、税関用紙等」の項目を見ます。

どの税関申告書が必要なのか、インボイスが必要なのか、などが掲載されています。

例えば、オーストラリアの友人にプレゼントを贈りたい場合。
下の画像の赤枠部分の「3.必要な記載、税関用紙等」の「(2)その他の物品を送る場合」になります。
税関申告書CN22・CN23・インボイスの3点フルセットが必要です(CN23とインボイスは自動印刷される)。

国際郵便【税関申告書CN22】の有無について

税関申告書CN22が必要な場合はどうするか

郵便局で用紙をもらいます。
または、集荷の時に電話などで事前にお願いしておくと配達員さんが持ってきてくれます。

こういう黄緑色の書類で、シールになっています。

税関申告書CN22の書き方

この書類が小さい!!
縦が10センチくらいかな?ここに手書きで書くのは老眼にはきついです。

容物が多く書ききれない場合は、複数枚に分けて書いています。
1枚に収まらなくても今のところ問題なく届いています。

正直ですね、内容品が5品目以内なら、送り状に印刷されるのでCN22が不要なのではないかと思うんだが(手書きの場合CN22を別に書く必要はないとの回答あり)、地元郵便局や相談センターに何度聞いても「そうですねぇ…必要ってなってますねぇ…」という、ちょっとスッキリしない回答。結局毎回書いている。
コレについて知っている方がいたら、ぜひ教えていただきたいです。

スポンサーリンク

税関申告書CN22・CN23とインボイスの書き方

税関申告書とインボイスには、内容物全てを英語で書く(入力する)必要があります。

CN23とインボイスは「国際郵便マイページサービス」に入力した内容が自動で印刷されます。

税関申告書CN22は英語で手書きします。
印刷したインボイスを見ながら書くと良いです。

■内容物は全て書く!漏れのないように。
不一致だと余計な税金がかかったり荷物を止められる原因にもなります。

具体的な品名で書く必要があり、例えば服なら「衣料品」ではなく「Tシャツ」「セーター」などと書きます。

■内容物の名称は英語で書く。
郵便局のサイトに英語表記の一例がリスト化されています。
▶内容品の英語訳

■必須項目は【内容品名】【数量】【価格】。
「原産国」や「重さ」は無くても大丈夫。

税関申告書CN22の書き方

内容物を全て英語表記で手書きする。
【重さ】は空欄でOK。

税関申告書CN22の書き方赤枠:該当するものにチェックを入れる。

青枠:【内容品名】と【数量】を書く。
例)Sweater × 2

緑枠:各内容品の合計価格、下の枠には総額を書く。
例)セーター1000円が2着の場合 → \1000(通貨単位も入れる)

紫枠:発送日の年月日と自分のサイン

1枚に書ききれない場合、複数枚になっても良い。

国際郵便マイページサービスを利用する際の注意点は別記事にまとめました

スマホ版とパソコン版の違い、専用パウチの要不要、パソコンがない場合、プリンターがない場合の対処方法などについて書いています。

今回の内容はお役に立ちましたか?
「役に立ったよー!」と思いましたらぜひ、応援していただけると嬉しいです✨

-- 応援の方法 --
下のリンクから、メールアドレス【thanks@ala-ifty.com】へAmazonギフト券を送ってください。
▶ala-fiftyブログを応援する!
🌱金額は15円から、お好きな額を設定していただけます。
🌱贈り主の名前はニックネームなどでOKです。

タイトルとURLをコピーしました