当ブログはアフェリエイト広告を利用しています
・アイハーブ【iHerb】

【超高保湿】シアバター・ココアバター・マンゴ―バターの特徴と上手な使い方

スポンサーリンク

常温では固形の油脂(オイル)はバターと呼ばれます。

たくさんの種類がありますが、代表的なのは

  • シアバター
  • ココアバター
  • マンゴ―バター

今回はこの3つの植物性バターの違いと、使い方についてです。

スキンケア用のボディクリームやボディバターの原材料としても有名で超高保湿なのが特徴

栄養が豊富で、肌を柔らかくしたり、修復する作用のある成分も含まれています。

そのままスキンケアに利用している人も多く、敏感肌でも使える人気アイテムです。

使い続けると肌の滑らかさも増して、硬くなりがちな踵や肘、脛などもスベスベになってきます👍

乾燥肌には超オススメ!!

冬のカサカサ肌にぴったりのお助けアイテム。
アラフィフスキンの強い味方。

なのですが、気温が下がると固さが増してカッチカチになります。

一番使いたい冬場に、超使いづらい!
バターナイフでも削れないくらい固くなるものもあります。

肌にのせると体温で溶け、馴染ませることができるのですが、肌にのせるまでが一苦労…。

そこで今回は、植物性バターの使い方と使いやすくする方法を紹介します。

お気に入りメーカーはココ!
アイハーブで人気のシアバター【スカイオーガニクス】オーガニックバター
色々使った中でこのメーカーは質が良くコスパも最高。全て低温圧搾(コールドプレス)の未精製バターで素材の栄養成分もしっかりと残ってる。手作り化粧品などの素材にもぴったり。ココアバター・マンゴ―バター・シアバター(オーガニック)の3種類がある。
iHerbを見る

初回10%OFF、2回目以降は5%OFFの紹介コード→【OKO772】

スポンサーリンク

植物性バターの種類と効果、使用感の違いについて

油脂には未精製・精製済みのものがあります。

未精製はナチュラルな分、素材そのものの栄養価が豊富。でも、それが刺激になってしまうことも。
また、素材の香りも残っているので(メーカーによって香りもかなり違う)、好き嫌いも分かれます。

精製済みのものは不純物を取り除いている分、未精製のものより安定していて刺激が少ないのが特徴です。
香りもほとんどありません。

代表的な植物性バターと言えば【シアバター・マンゴ―バター・ココアバター】。

共通している点は、

  • 固めのテクスチャで高保湿
    体温でゆっくりと溶けて肌に馴染む
  • 髪の毛、顔を含めた全身に使用できる
    肌の保護・肌を柔らかく保つ・炎症を抑える・肌の修復・エイジングケア・キューティクルの保護
  • 紫外線から肌を守る(日焼け止め効果ではない)

シアバター

植物性バターの代表格。シアの木の実から採れる。
ちょっとスモーキーなナッツのような香り。

刺激が少なく子供にも使いやすいと言われている。
■ナッツアレルギーの人は注意。

マンゴ―バター

マンゴーの種から採れる。

シアバターより若干「固め&保湿力高め」。ほぼ無臭。
■ウルシ科なのでアレルギーの人は注意。

ココアバター(カカオバター)

カカオ豆から採れる。チョコレートの原料にもなる。

3つの中で一番固く、一番保湿力が高い。
未精製のものはチョコレートの甘い香りがしっかりとある。

植物性バターの使い方・使いやすくする方法

植物性バターは常温では固形の状態の油脂で、気温が高いと柔らかく、低いと固くなります。
固くなっている場合でも、肌にのせると体温でゆっくりと溶けて馴染みます。

そのまま使う

肌に合うならそのまま使ってOK!
固くて使いにくい場合は次にあげる2つの方法がオススメです。

一度溶かして使う

湯煎にかけて一度、液状に溶かし、冷やして固形に戻します。

何もしていないものよりは使いやすくなります。

プラスチック容器の場合は、そのまま湯煎すると容器が変形します。

ボウルなどに取り出してから溶かすか、湯煎の温度を50度以下にしてください。
湯船に浮かべるのもオススメ。

オイルと混ぜ合わせて使う

湯煎にかけて溶かし、他のオイルと混ぜ合わせた後、冷やして固形に戻します。

オイルが入るので柔らかさがプラスされてかなり使いやすくなります。

ボディバターとオイルの量は1:1。
オイルは、ココナッツオイル・ホホバオイル・アーモンドオイルなど、何でもOK。

ボディバター100gなら、ココナッツオイル100g。
または、ココナッツオイル50g+ホホバオイル50gなどでもOK。

そのまま固めずに、ホイップするとさらに使いやすいボディバターが作れます。

詳しい作り方はコチラ!湯煎の方法も詳しく書いています
香り無しでも作れます

そのひと手間が面倒!という人にはコレ

シアバターにオイル類を加えただけのボディバター。
手作りに近いシンプルさ。


自然素材のみでできたボディバター【アイハーブおすすめ】

【キャントゥー】ココア(マンゴー)バター ローブレンド
シアバター・ココナッツオイル・オーガニックココアバター、またはマンゴ―バター。この3つだけでできたナチュラルボディバター。
私が手作りしているボディバターとほぼ同じ構成。
面倒なときはコレを買ってます😆

iHerbで見る

参加しにくく使いやすい植物性バター(シアバターまたはマンゴ―バター)

【ライフ・フロー】ピュア シア(マンゴー)バター
シアバター(またはマンゴ―バター)に酸化防止剤のトコフェロール(ビタミンE)を加えただけ!
冬はかなり固くなるけど削れないほどではない。

iHerbで見る

アロマオイルブレンドでリッチな香り!

オーガニックシアバターをベースにエッセンシャルオイルをブレンドしたアロマティックでシンプルなボディバター

【ヌビアンヘリテージ】ボディバター
オーガニックシアバターをベースにした超香りの良いボディバター。
【ローシアバター】エッセンシャルオイル(ミルラ・フランキンセンス)、豆乳・トコフェロール(ビタミンE)のみ!
【パチョリ&ブリーティー】クプアス(カカオの仲間)バター・ローズヒップオイル・マカダミアナッツオイル・オオミテングワシオイル・緑茶エキス配合。華やかな香りが特徴!ローシアバターより柔らかめで少し軽い使い心地。

iHerbで見る

そのまま使えるスティック状のココアバター

【アイハーブおすすめ】スティックタイプのココアバター【ココケア】ココアバタースティック(リップではありません)
スティックタイプの100%ココアバター。身体や顔に直接あてて塗ります。
削り出したり溶かしたりするのが面倒な人向け。
と言っても、冬場はかったい!ので、肌にあてて体温で溶けだすのを待ちながらゆっくりと塗って、それを手で馴染ませる感じです。携帯用としてもGOOD。(夏場は溶けるので注意!)
iHerbを見る

【アイハーブおすすめ】携帯用のココアバター

メーカーは違いますが、同じサイズのココアバター。

見た目から、ついリップクリームサイズを想像しますがデカいです。
底を指で押して使います。

超簡素なパッケージ。ひたすらシンプル。


肌の乾燥に悩まされている人は一度は試して欲しい!

他の成分が含まれていない、原料そのものなので「肌に合う・合わない」もはっきりと分かります。

アラフィフには心強い保湿力( `ー´)ノ
カサカサ肌を滑らかにしてくれますYO。

アイハーブはセールを行っていることも多いのでマメにチェックするのがオススメです!

各コードをクリック!
自動で割引きが反映します

2024年4月11日午前2時まで20%OFF!
WORLDHEALTH24

初めてのお買い物が20%OFF!
【NEW20】

60ドル以上購入で10%OFF!
【GOLD60】

初回購入が20ドルOFF!
2回目以降も5%OFF紹介コード【OKO772】
ぜひ使ってみてくださいね
👍

タイトルとURLをコピーしました