当ブログはアフェリエイト広告を利用しています
・アイハーブ【iHerb】

【冬のお肌もスベスベに】チョコミントの香りのボディバターの作り方

スポンサーリンク

ココアバター特有のチョコレートの香りを利用した、チョコミントの香りのボディバターの作り方を紹介します。

シアバター・マンゴ―バターでも同じ方法でボディバターを作ることができます。
※チョコミントの香りにはなりません

作り方は、ココアバターと他のオイルを1:1で混ぜ合わせてホイップするだけ!
(だけ!と言いつつ、最近はホイップをサボっています😆)

乾燥しやす冬場に愛用していますが、毎日使っていると肌がスベスベに整ってきます。

ズボラの癖にこの手間を惜しまない理由は、安心して使えて、肌が本当に滑らかになるから。

そして、なにより私がチョコミン党だからです( `ー´)ノ

ココアバターの美味しい香りに癒されます。

チョコミントの香りのボディバターの作り方

ボディローションやボディクリームよりも高保湿で、乾燥肌じゃなくてもカサっとしやすくなるアラフィフの肌の潤いをガッツリ守ってくれます。

ココアバターやシアバター、マンゴ―バターは、そのままで使うこともできますが、ほんのちょっとの手間で、格段に使いやすくなるのでオススメです。

スポンサーリンク

ボディバターとは

ボディバターは、植物性バターをベースにしたボディケアアイテム。

バターと言うだけあって、肌に膜を張るようにビタっ!と密着し保湿してくれる上に、肌馴染みもよく、ベタつきも少ないのが特徴です。

栄養が豊富で、肌を柔らかくしたり、修復したりする作用のある成分も含まれています。

植物性バターの種類や選び方についてはコチラ

ボディバターの作り方

2種類以上の油脂を湯煎で溶かし合わせ、植物性バターが冷えて固まるのを利用してクリーム状にします。

植物性バターやオイルは、種類によっては肌に合わない人もいます。
合わないと感じたらすぐに使用を中止して、様子を見てください。

ボディバターの材料

  • 植物性バター
  • 植物性バターと同量の植物性オイル
    オイルは合計が植物性バターと同量になれば1種類でも2種類以上でもOK!
    ホホバオイルやピーナッツオイルなどでもOK。
  • 精油(エッセンシャルオイル)
    ちょっとお値段がしますが、必ず医療グレードのものを使いましょう。
私のお気に入りチョコミン党レシピ

このレシピの量(植物性バターとオイルの合計200g)で、毎日たっぷり全身に使って1ヶ月半くらい持ちます。

ボディバターの作り方

1.ココアバターをボウルに取り出す
カチカチに固まっている時は、湯煎にかけるかヒーターなどの前に置いて少し柔らかくすると取り出しやすいです。コタツもオススメ。
冬はバターナイフも刺さらないくらい固くなことがあります💧

2.植物性オイルを同量、ココアバターのボウルに入れて湯煎で溶かす
直火厳禁!お湯を入れた別のボウルや容器の上に浮かべればちゃんと溶けます。
↓右の画像は、ココナッツオイルが先に溶けて、ココアバターの大きな塊だけが残った状態

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作り数

↓オイル類の入ったボウルの中に水分が入らないように!ボウルより小さめの容器にお湯を入れれば安心👍(ガスコンロの上に置いてますが火は消してあります)

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作り数

3.完全に溶けたら軽く混ぜ合わせてから粗熱を取る

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作り数

4.粗熱が取れたら、エッセンシャルオイルを入れて混ぜ合わせる
この工程で終了して、そのまま冷やして固めてしまってもOK

さらに使いやすくしたい場合はホイップするのがオススメ👍

5.少し固まり始める手前まで温度を下げる
冬場はその辺に置いておけば冷えます。
冷蔵庫に入れる場合は、粗熱が取れてから入れてください。
↓温度が下がって端がすこし固まり始めてます。

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作り数

6.ひたすらホイップする。もちろん電動ミキサーでも👍
だんだんクリーミーに白っぽくなってくる。

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作りする

7.かき混ぜた後がそのまま残って、振るとぽってり落ちるくらいになったらできあがり
最近は100均のミニハンドミキサーで気長に20~30分かき混ぜてます。

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作りする

8.容器に移し替える
指で取るので、口が広めであまり深くない空き瓶が使いやすい👍

アイハーブの植物性バター(ココアバター)を使ってボディバターを手作りする

オススメの材料【アイハーブ】

質の高い素材がお手頃価格で購入できるのでオススメです。

我が家の手づくりボディバターに使っている定番オイル3つ

【アイハーブおすすめ】未精製でオーガニックの低温圧搾ココアバター(カカオバター)高保湿【スカイオーガニクス】ココアバター
ここ数年の冬の保湿はコレ!香りも質もGOOD✨
オーガニックではないですが、色々使った中で質も良くコスパがイイです。同メーカーのマンゴ―バターとシアバター(オーガニック)もかなり高品質。全て低温圧搾(コールドプレス)の未精製バター。
iHerbを見る
オーガニックのココアバターを使いたい場合は「ナウフーズ」のココアバターがオススメ。



【アイハーブおすすめ】サラッとした使い心地のアプリコットカーネルオイル【ナウフーズ】アプリコットカーネルオイル

アプリコットの種から採れるオイル。サラッとした使い心地でべたつきが少ない。
老化防止や首にできる小さなイボなどにも効果があると言われています。
アプリコットカーネルオイルは酸化しにくいオイルですが、もしオイルの酸化が気になる場合は小さいサイズにするか、ビタミンE(酸化防止)を配合してあるタイプがオススメ。
iHerbを見る



iHerbオーガニックココナッツオイル低温圧搾エキストラバージン【カルフォルニアゴールドニュートリション】ココナッツオイル

オーガニック・低温圧搾(コールドプレス)・エキストラバージンのココナッツオイル。
食用ですが、私は夏は全身コレでスキンケアしています。サッパリとした使用感ですが、しっかり保湿してくれます。
もちろん、お菓子作りにも使います。iHerbを見る


オススメのエッセンシャルオイル(精油)

医療グレードの精油【プラナロム】【プラナロム社のエッセンシャルオイル】
エッセンシャルオイルの成分は、鼻から香りとして直接脳へ、塗れば皮膚からすぐに血液に取り込まれます。だから、ちょいとお高くても農薬や化学薬品での抽出をしておらず、ちゃんと品質が安定しているケモタイプの医療グレードのものを使いましょう👍
Amazon 楽天市場
柑橘系・スパイス系は刺激が強く日光と相性の悪いものもあるのでスキンケアにはNG!
肌にはラベンダー・フランキンセンス・ゼラニウム・キャロットシードなどがオススメ。


アイハーブはセールを行っていることも多いのでマメにチェックするのがオススメです!

各コードをクリック!
自動で割引きが反映します

2024年4月11日午前2時まで20%OFF!
WORLDHEALTH24

初めてのお買い物が20%OFF!
【NEW20】

60ドル以上購入で10%OFF!
【GOLD60】

初回購入が20ドルOFF!
2回目以降も5%OFF紹介コード【OKO772】
ぜひ使ってみてくださいね
👍

タイトルとURLをコピーしました